株式会社アイザック

人材

アイザックでの働き方

アイザックグループ健康経営宣言

アイザックグループは、会社の成長発展を支える社員とその家族の心身の健康を重要な経営資源と捉えています。健康維持・増進活動に対する積極的な支援と、組織的に健康な職場環境づくりを推進することによって、社員がいきいきと豊かで快適・健康な社会生活と経済の発展に貢献する会社を目指します。

株式会社アイザック
代表取締役社長 石﨑大善

アイザック

健康経営推進体制

株式会社アイザックでは、代表取締役社長を健康経営責任者とする「アイザック健康経営推進体制」を構築し、各種健康施策の立案・実施・効果検証に取り組んでいます。

働き方改革

完全週休2日制

全社員を対象とした完全週休2日制を導入。
「働き方改革」を推進し、ワークライフバランスの実現に取り組んでいます。

福利厚生

働きやすい環境づくり

ITを活用した勤怠管理や福利厚生施設の充実で「健康経営」を進めるアイザック・トランスポート。食堂や会議室、ロッカーなどを備えた福利厚生等を新設するパッケージ事業本部滑川工場、職場内保育所の新設を進める小杉カントリークラブ・・・など、グループを挙げて働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

アイザック・トランスポート内リフレッシュルーム

健康経営

健康経営の様々な取り組みを
積極推進

健康経営の取り組みとして、定期健康診断をはじめ45歳以上人間ドック無料受診や脳ドック・PET-CT健診受診補助を実施。栄養バランスを考えた食事を提供する社員食堂、運動会などのイベント、サッカーや陸上・ゴルフなどの各種同好会活動の補助など、食・運動習慣の面からも健康サポートを行っています。このような取り組みを評価され、2018年7月「とやま健康企業宣言【銀】」、2020年に引き続き、2021年3月「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました。これに満足することなく、社員が快適で働きやすい環境づくりに努めます。
最近の主な取り組みとしては、社内相談窓口のほか、メンタル・メディカル面のサポートとして社外相談窓口(24時間365日受付)を設置。アイザックグループ社員及び家族からの相談も受け付けています。

とやま健康企業宣言【銀】認定証
アイザック
健康経営優良法人2021
(大規模法人部門)
アイザック・トランスポート
健康経営優良法人2021
(中小規模法人部門)

人材育成

教育研修制度

「社員一人ひとりが自ら能力開発に取り組み、自らの可能性を最大限に発揮することで自己実現を図る」――この理念に基づき、新入社員/若手社員/中堅社員/管理職それぞれに合わせた「階層別教育」を基軸に、経営者と社員が直接語り合う「石﨑塾」、コンプライアンス研修を実施。他にも品質改善やコストダウン、財務分析などのスキルを磨く「専門研修」など、社員育成のための豊富な教育研修プログラムを整えています。

石﨑塾